「原発事故後の福島乳幼児・妊産婦の今、これから」(2月20日、宇都宮市)

宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター

「福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト」2011年度報告会が、

「原発事故後の福島乳幼児・妊産婦の今、これから」と題して開催されます。

 

日時:平成24年2月20日(月)13:00~17:00

場所:宇都宮大学峰キャンパス 基盤教育B棟1223教室

参加費:無料 どなたでもご参加いただけます!

※託児あり(定員あり、要予約)

 

内容:

・基調講演「福島の今」

・プロジェクト報告「栃木・新潟・首都圏における福島乳幼児・妊産婦の今」

・ディスカッション「福島・栃木における乳幼児・妊産婦のこれから」

※詳細は、チラシにてご確認ください

 

主催:宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター

   福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト

共催:福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト

協力:国際開発学会「原発震災から再考する開発・発展のあり方」研究部会

 

問合せ:宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター

TEL:028-649-5228

 

 

tabunka240220.pdf
PDFファイル 269.7 KB