原発事故による母子避難者等を対象とする高速道路の無料措置が実施されます

実施期間:平成25 年4 月26 日(金)~平成26 年3 月31 日(月)

 

1、対象者

原発事故発生時に福島県浜通り・中通り(原発事故による警戒区域等を除く)
又は宮城県丸森町に居住しており、原発事故により避難して二重生活を強いられている母子避難者等(妊婦を含む。)及び対象地域内に残る父親等(妊婦の夫を含む。)(※子ども18歳以下)

2、対象車種

中型車以下(対象者が運転又は同乗している車両)

3、対象走行

東北自動車道、常磐自動車等の対象路線内における、母子等避難先の最寄り
インターチェンジと父親等居住地の最寄りインターチェンジ間の走行(途中乗車・
下車不可)

4、申込・利用方法

 対象地域内の避難元市町村へ、証明書の交付を申請。

 

【対象となる市町村】
(福島県)
中通り: 福島市、二本松市、伊達市、本宮市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村、
郡山市、須賀川市、田村市、鏡石町、天栄村、石川町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町、三春町、小野町、白河市、西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町、棚倉町、矢祭町、塙町、鮫川村<29市町村>
浜通り: 相馬市、南相馬市、新地町、いわき市<4市町村>
(宮城県) 丸森町<1市町村>

 

詳しくは、国土交通省のホームページでご確認ください。

http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000346.html